コンタクト

ディーラーに必要なのは技術と経験と英語です

2020.02.19.

年が明けて最初の投稿が
遅れてしまいました。


遅ればせながら、本年もよろしくお願い致します。


さて、昨年末から業界は静かなもので、議員の収賄のニュースで少々IRという言葉が
出たくらいでそれ以外は特に耳にしませんでしたね。
あんなニュースが1つ出るということは水面下ではまだまだ収賄などあると思います
クリーンとは言い難い業界ですが、私は「ディーラーの育成」ということだけに集中
しておりますので、上の方々にはどうかクリーンに事を進めて頂きたいものですね。


さて、相変わらず高額な学費を払う「カジノディーラーの学校」の生徒様が卒業後
技術を磨きたいとの事で私の元に来たりします。


将来はディーラーになりたくて!
技術を磨きたくて!


大いに結構です。やる気とセンスがある方にはお教えしますが、それだけ大きな金額の
お金を取っておいて卒業後の生徒の行き場がゼロなのはどうかと思うのです。
入学前の説明では卒業後は提携の〜で、海外への斡旋が〜などと言いますが


いいですか、これはほぼ無いに等しいです。


提携の〜で、というのは基本的には人が溢れているから誰かが辞めたりしなければ
新たには入れません。
海外への斡旋など英語ができれば自分でいけます。逆に言えば英語ができなければ斡旋など
ありえません。
いつも書いておりますが、ディーラーの一番の近道は海外のカジノで働くことです。
カナダ、ドイツ等雇ってくれるところはありますので、一度調べて見る事をおすすめいたします。


それでも仕事があるし、海外には行けないという方は是非お越しください。


業界で一番安く技術はお教えします。
浮いた授業料は英語の学校などに使っていただく方が良いかと存じます。


それではまた。


日本カジノゲーミングスクール
https://casinogaming.jp
体験はこちら
ストアカ

2020年に向けて

2019.12.30.

本年も皆様大変お世話になりました。
来年は2020年、オリンピックがクローズアップされております。


オリンピックを見据えて動いていたカジノ開業も遅れに遅れ、2021年から
事業者の選定が行われるようです。
その点を踏まえると開業は2024年か2025年頃になるのではないかと思っております。


私はカジノディーラーを育成し、自身でもアミューズメントカジノにてゲームに従事しておりますが
特段カジノウェルカムではなく、いたって冷静に静観しております。
カジノが出来た暁には日本人の雇用という面で日本人のディーラーにフロアに立って欲しいですが
カジノが出来なくてもディーラーになりたいと望む方には海外でのディーラーの道をお勧めしたいと考えております。


まだまだカジノディーラーになる為の練習場所や機関が少ない日本ですが
本気でカジノディーラーを目指す方は英語を勉強しつつディーリングをできるだけ長く練習してください。


学校に通っただけの技量では現場では全く使えません。
実際に知らないお客様の前でディールするという経験を積まなければディーラーとしては半人前なのです。


あと数年、日本に出来るであろうカジノで日本人ディーラーが堂々とディーリングができるよう
当スクールはディーラーの育成を続けていく所存でございます。


ご支持を頂いている皆様には引き続きのご支持をお願い致します。
また、新たに当スクール、協会にご興味を持って頂ける方はどうぞお気軽にお問い合わせください。


本年は大変お世話になりました。
来年も何卒よろしくお願い致します。




日本カジノゲーミングスクール
https://casinogaming.jp
体験はこちら
ストアカ

カジノディーラーの職がなくなる!?

2019.06.24.

今回はよく聞くであろう「カジノディーラー老後も働ける説」について。
タイトルは少々大げさですが必要ディーラー数は縮小されていくよ!多分、というお話です。


カジノディーラーの職に就けば長く働けて安心!という様な広告を見たことがある方も
いると思いますが、一昔前までは。というのが現状です。


昨今、日本ではカジノ合法化が叫ばれ、各海外カジノグループも日本に次々と参入しています。
カジノが出来るからディーラーが数千人規模で必要!と思う方も多いかと思いますが
これにちょっと待ったです。


最近のカジノにはマシンのテーブルゲームや、ディーラーに対して複数のマシンテーブルがあり
そのマシンでベットをするシステムが増えており、今後もディーラーの機械化は進んでいくであろうと考えます。


もちろんVIPテーブルやお客さんを持っているディーラーは必要ですが
(人とプレイした方が楽しいですしね^^)
一定数人間のディーラーがいれば未来のカジノフロアーは回ると思うのです。


カジノは斜陽産業ですし、日本にできたからと言って国内外から人が押し寄せるわけではないでしょう。
人件費を払い続けるより、マシンを早期導入した方がカジノ側にもメリットが多いのは明らか。


払い出しやゲーム進行のミスがなくなる、一度に多くの顧客にゲームをしてもらえる(お金が動く)
ディーラーを雇う際の選考やバックグラウンドを調べる手間もないし、テーブルを監視するピットボスさえ不要。


今すぐにという話ではないですが、ディーラーの機械化は間違いなく進んでいくものと考えています。



それではまた!



日本カジノゲーミング協会

先日のMLB開幕シリーズにて

2019.03.24.

こんばんは、先日日本で行われたマリナーズ対アスレチックス戦
イチローの凱旋、引退が話題の中心でしたね。


私もTVで観戦をしていたのですが、試合よりもバックネットの広告に目を奪われました。


…MGM Resorts Japan


調べてみると、どうやらMGMが今回の開幕戦のメインスポンサーだったようです。
調査不足ですみません。。


各社本格的に日本への参入を進めているようですね!


個人的にはMGMには各国のカジノでお世話になっていますので
日本のカジノはMGMでも良いかもな〜とも思っております。




MGMの活動、理念はHPにてご確認ください。
https://www.mgmresorts.co.jp

カジノ誘致合戦、優勢は?

2018.11.07.

皆様、WIZOOM様の記事は見ていただけたでしょうか^^;
もしお近くに近々カジノに行くよー!なんて方がいらっしゃいましたら
情報を教えてあげてくださいねっ!


さて、カジノ誘致は苫小牧が優位!!なんて話が出ておりますが、どうなることやら。。。
そんな日本カジノについてなのですが、入場料、回数制限等の制限を設けて
ギャンブル依存を抑制しましょう!という事らしいのですが、そもそもギャンブルがやりたくて仕方のない方にとっては入場料なんて気にも止めないでしょうし、回数制限にしても行けないと思うと余計に行きたくなると思いませんか?
一番簡単なのは韓国同様、日本人全面禁止が一番ではないかと思うわけです。


そもそも日本に来る外国の方に向けて統合型リゾート(&カジノ)作りましょ。って事でしたよね?
そのままの方向性で突き進めばいいのに、何故かカジノばかりの話になって肝心のインバウンドについての話が表に出てこない。


韓国仁川にオープンしたパラダイスシティーも今の所ぱっとしない感が否めません。
先月ショッピングモールがオープンしてどれくらい活気が出たのかは不明ですが、何もない場所にカジノと展示場、ショッピングモール等を作ったところで人がそんなに集まって来るのかと。。


とりあえず外資のいいなりになったり、行き着く先はテニアン島のダイナスティの様にはならないようにして頂きたいですね。


大王製紙の井川さんのこの記事、的を射てます(笑
https://abematimes.com/posts/3777749


既にハードロックが北海道支社を設立していたり、何かと海外のカジノ関連会社が
動きを見せておりますが、ここは慎重に進めて頂きたいところですね。