コンタクト

カジノでのマナーとは?

2019.07.21.

さて、今回は初めての方は必ず不安になるであろうカジノでのマナーについて。
IR法案が盛り上がってからはカジノゲームを知らなかった方々にも少しは興味を持って
頂けるようになったようで、初めてですが教えて下さい!と言われる事が増えたように感じます。

そんなカジノゲームをプレイするにあたり少々のマナーを理解して頂く必要があります。
間違えたからといってカジノを出されるような事はまず無いと思いますが、ディーラーに注意はされますので、重要なポイントはここでおさえて下さい!

カジノ・ゲーム全般編
・世界各国にカジノはありますが、国によって入場可能年齢、ドレスコードなどが異なりますので、訪問先のカジノの情報は調べてから行きましょう。
・カジノでは写真撮影は原則禁止となっております。また、近年ではカジノテーブルでの携帯電話の使用も注意されますので携帯電話を使用の際はテーブルから離れて使用しましょう。
(韓国ではApple Watchも注意されました^^;)
・ゲームテーブルに着いてゲームをする時の両替はゲームの進行中を避けてゲームの切れ目に行いましょう。(カードゲームならテーブルにカードが出ていない時、ルーレットなら球が回っていない時)
尚、ディーラーは手渡しではお金もチップも受け取れませんので、必ずテーブルの上に置くようにして下さい。

Blackjack編
・ブラックジャックには世界各国・カジノホテル毎に細かなルールが違うものが存在します。
テーブルにルールが書いてありますので、心配な方は席に着く前にチェックをお勧めします。
・ノーモアベット後はベットしたチップには触れてはいけません。
・スプリット等もカードはディーラーが移動しますので、決して触らないようにしましょう。
・ハンドサインはディーラーにわかりやすく行うようにしましょう。
・ワンデックジャックの場合、複数ハンドでプレイの場合も必ずカードは片手で持ちワンハンドずつアクションをしましょう。

Baccarat編
・バカラにはMIDIバカラ・コミッションバカラ・SUPER6・ドラゴン7等の種類が存在します。
・大体レートの高いテーブルはカードを絞れるゲームが多いですが、絞れないMIDIバカラも存在しますのでカードを絞りたい方は要確認して下さい。
・コミッションバカラに入る場合、バンカーが勝つたびに5%のコミッションが発生します。欧米ではコミッションは後払いなので、チップが全部なくなってしまって後で困ることの無いように気をつけましょう。

Roulette編
・プレイヤーが先にベットをしてから回すのがルールですので、球が回る前にベットをしましょう。
(回した後も追加ベットができますが、大体数秒でノーモアベットのコールがかかります)
・レイアウト上の球が落ちた数字にWINマーカーが置かれます。WINマーカーが置かれている間は配当を行っていますので、ベットオープンまで待ちましょう。
・アジア圏のカジノと欧米のカジノではインサイドのミニマムベットの定義が違います。
アジア圏→一箇所に置くことのできる最小額
欧米→提示されている額をインサイドにベットする
となります。大体ラスベガスではmin$10等と書いてありますが、どこでもいいのでインサイドに合計$10賭ければOKです^^

とりあえずこれを知っていれば良いであろうマナーをあげてみました。

文字で書くより実際に目で見て言葉で説明した方が分かりやすいと思いますので
カジノに行く予定がある方は是非、知識のある方が在籍するアミューズメントへ足を運んでみて下さい^^

尚、現在初心者の方限定となりますが、ストアカにてカジノディーラーの体験講習を実施いたしております!
興味のある方は是非ご参加ください^^

https://www.street-academy.com/steachers/320371

日本カジノゲーミング協会
https://casinogaming.jp

カジノディーラーの職がなくなる!?

2019.06.24.

今回はよく聞くであろう「カジノディーラー老後も働ける説」について。
タイトルは少々大げさですが必要ディーラー数は縮小されていくよ!多分、というお話です。


カジノディーラーの職に就けば長く働けて安心!という様な広告を見たことがある方も
いると思いますが、一昔前までは。というのが現状です。


昨今、日本ではカジノ合法化が叫ばれ、各海外カジノグループも日本に次々と参入しています。
カジノが出来るからディーラーが数千人規模で必要!と思う方も多いかと思いますが
これにちょっと待ったです。


最近のカジノにはマシンのテーブルゲームや、ディーラーに対して複数のマシンテーブルがあり
そのマシンでベットをするシステムが増えており、今後もディーラーの機械化は進んでいくであろうと考えます。


もちろんVIPテーブルやお客さんを持っているディーラーは必要ですが
(人とプレイした方が楽しいですしね^^)
一定数人間のディーラーがいれば未来のカジノフロアーは回ると思うのです。


カジノは斜陽産業ですし、日本にできたからと言って国内外から人が押し寄せるわけではないでしょう。
人件費を払い続けるより、マシンを早期導入した方がカジノ側にもメリットが多いのは明らか。


払い出しやゲーム進行のミスがなくなる、一度に多くの顧客にゲームをしてもらえる(お金が動く)
ディーラーを雇う際の選考やバックグラウンドを調べる手間もないし、テーブルを監視するピットボスさえ不要。


今すぐにという話ではないですが、ディーラーの機械化は間違いなく進んでいくものと考えています。



それではまた!



日本カジノゲーミング協会

ディーリング体験スタート!【ストアカ】

2019.06.19.

カジノに触れた事のない方の為に講座を始めさせて頂きました!

各ゲームのディーリング体験講座となっておりますが、プレイヤーとして
ゲームをプレイする際の基本戦略、カジノでのマナーなども含めた総合的な講座となります。
当協会で学ぶ前の体験としても是非ご活用ください^^

https://www.street-academy.com/myclass/59377?conversion_name=direct_message&tracking_code=7121654b2da6548ed3328c08a73ab7aa



ディーリングをしっかり学びたい方はこちら!


日本カジノゲーミング協会

その技術今すぐ使えますか??

2019.05.14.

こんばんは!
いきなりですが業界初の試みです!

カジノディーラーになりたい方には朗報!
いきなりですが、カジノディーラーになりたかったらどうしますか?

・アミューズメントカジノで働く
・海外で学ぶ
・カジノスクールで学ぶ


大体上記3点になるかと思うのですが、いかがでしょうか。
現在の日本では多分上記以外ではカジノディーラーのディーリングを学ぶ事は不可能かと考えます。

では、上記3つの手段について詳しく掘り下げてみましょう。

まず「アミューズメントカジノで働く」
これは継続的にディーリングができる環境があるのでその点は◎
しかし、そこで行われているディーリングは正しいのでしょうか、教えている方はどこで習得し
教えているのでしょうか。そこが問題です。
ラスベガス等でもカジノによって少々のディーリングの違いはあれど基本は同じです。
しかしながら現在の日本にはカジノはなくディーリングの基本が曖昧なのが現状です、
現在アミューズメントカジノで働いている方はその点を確認してみるといいかもしれません。

「海外で学ぶ」
これに関しては、長いお休みが必要、旅費がかかる事などから現実的ではありません。
第一習った後の「継続してディーリングを行う」ことが難しいのです。
語学の面から考えると◎ですが、時間・お金のある方以外にはお勧めできません。

「カジノスクールで学ぶ」
現状、この手段が一番ポピュラーなのではないでしょうか。
私どもの所に面接に来る方の中にもカジノスクール卒業の方がいらっしゃいます。
しかし、習った技術を使ってブラッシュアップ出来なければ結局は出来ない事と同じなのです。
その技術を教えて貰うのにウン十万という高額な学費がかかります、それはいつ元が取れるのでしょ
うか。これを読んでいる方の中にもカジノスクールを卒業された方がいるかもしれませんが

習っても「技術をブラッシュアップ出来ない」というのが問題なのです。

そこで、当協会はそのいくつかの弱点をカバーする為に新たな試みとして学費を月額としました。

「アメリカで基本とされているディーリング」
「継続的にディーリングをする環境」

この2点はすでにカバーしているので問題は学費ではないかという点に至りました。

当協会では月額20,000円でカジノディーラーが必要となった時にすぐにディーリングが出来る「ディーラー」を育てます。
もちろんディーラーになる為に必要な情報は全てお教えいたします。

一度習った方も、初めての方も是非当協会へお越しください!
たくさんの生徒様に修了証をお渡しできることを楽しみにしております。

詳細はHPでご確認ください。

先日のMLB開幕シリーズにて

2019.03.24.

こんばんは、先日日本で行われたマリナーズ対アスレチックス戦
イチローの凱旋、引退が話題の中心でしたね。


私もTVで観戦をしていたのですが、試合よりもバックネットの広告に目を奪われました。


…MGM Resorts Japan


調べてみると、どうやらMGMが今回の開幕戦のメインスポンサーだったようです。
調査不足ですみません。。


各社本格的に日本への参入を進めているようですね!


個人的にはMGMには各国のカジノでお世話になっていますので
日本のカジノはMGMでも良いかもな〜とも思っております。




MGMの活動、理念はHPにてご確認ください。
https://www.mgmresorts.co.jp

Amusement Casino Bar NANAディーラー募集

2019.02.03.

2019年になり早くも2月となりました。
もっと早く更新をするつもりでしたが…。
本年もよろしくお願い致します。


さて、題名の通りAmusement Casino Bar NANAにて
ディーラーを募集いたしております。
尚、今回の募集より1日単位の勤務も可能としております。


沢山のディーラー経験者の方にディーラースキルを磨いて頂き
日本のカジノディーラーの経験、ディーリング技術の底上げが出来ればと考えております。



過去にディーラーの学校に通った方、現在他の教育機関にてディーリングを学んでいる方
他店アミューズメントカジノ等で働いていた方、経験のある方であれば登録をさせて
頂きたいと考えております。


日本のカジノフロアーは日本人ディーラーで埋められると良いですね^^
沢山のディーラーの皆様の登録お待ちいたしております!



詳細は下記よりお問い合わせください。



>>お問い合わせはコチラ<<

年末のご挨拶

2018.12.29.

今年もあと数日となりました。


店舗の方にご来店いただいております皆様には大変お世話になりました。
来年も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。


さて、2019年はカジノゲーミング協会、カジノゲーミングスクール共に
新たなる試みをさせて頂きたいと思っております。
よりスキルのあるディーラーを育成する為の試みとなりますので
ご支援の程よろしくお願い致します。




それでは2019年、良い年をお迎えください。

日本カジノはお台場で決まり??

2018.11.14.

おはようございます。
今週は冷え込むそうですね…体調にはお気をつけください!


さて、どうやらカジノ誘致はやはりお台場が濃厚だそうです。
日本人規制についてかなり議論しているようですが、何度も言うように
インバウンド狙いならば、まずは外国人専用にしてもいいと思うのですがね。


その後、しっかり作り込んでから日本人も解禁にしたらいいのではないでしょうか。
そうなってくるとやはりディーラーもいくつかの言語を話せなければと思うのです。
少なくとも英語でのルールの説明や、必要な案内等は絶対に必須です!


もしディーラーに興味があると言う方は英語も勉強しておいたほうが良いですね。
可能であればあとは中国語でしょうか、近年中国からの旅行者が増えている事を
考えれば、中国人旅行客がカジノに足を運ぶことはまず間違いないと考えます。
中国語と英語が話せて、ディールの技術がある方はかなり需要があるかと思われます!




ディーラーを目指している皆様、今からでも遅くはないので語学も磨いていきましょう!

カジノ誘致合戦、優勢は?

2018.11.07.

皆様、WIZOOM様の記事は見ていただけたでしょうか^^;
もしお近くに近々カジノに行くよー!なんて方がいらっしゃいましたら
情報を教えてあげてくださいねっ!


さて、カジノ誘致は苫小牧が優位!!なんて話が出ておりますが、どうなることやら。。。
そんな日本カジノについてなのですが、入場料、回数制限等の制限を設けて
ギャンブル依存を抑制しましょう!という事らしいのですが、そもそもギャンブルがやりたくて仕方のない方にとっては入場料なんて気にも止めないでしょうし、回数制限にしても行けないと思うと余計に行きたくなると思いませんか?
一番簡単なのは韓国同様、日本人全面禁止が一番ではないかと思うわけです。


そもそも日本に来る外国の方に向けて統合型リゾート(&カジノ)作りましょ。って事でしたよね?
そのままの方向性で突き進めばいいのに、何故かカジノばかりの話になって肝心のインバウンドについての話が表に出てこない。


韓国仁川にオープンしたパラダイスシティーも今の所ぱっとしない感が否めません。
先月ショッピングモールがオープンしてどれくらい活気が出たのかは不明ですが、何もない場所にカジノと展示場、ショッピングモール等を作ったところで人がそんなに集まって来るのかと。。


とりあえず外資のいいなりになったり、行き着く先はテニアン島のダイナスティの様にはならないようにして頂きたいですね。


大王製紙の井川さんのこの記事、的を射てます(笑
https://abematimes.com/posts/3777749


既にハードロックが北海道支社を設立していたり、何かと海外のカジノ関連会社が
動きを見せておりますが、ここは慎重に進めて頂きたいところですね。

20代の皆様へ、カジノとは?! By WIZOOM

2018.09.19.

かなり久々の投稿となってしまいました。
滞ってしまい申し訳ございません。


今日はWebにとある記事が出ましたので、少々宣伝をさせて頂きます^^;


先日WIZOOMさんから取材の依頼を頂きまして、カジノについて少々お話をさせて頂きました。
カジノ上級者の方には内容は薄いかと思いますが、若い方(20代?)向けということで
かなり簡潔に(笑)かなり端折ってお話しさせて頂いております^^;


カジノとはなんぞや??という方は読んで見てください。




記事はこちら